日焼けをしていると脱毛できない

今やムダ毛の処理は常識化しました。カミソリや毛抜きを使った自己処理は、簡単でいいですが、実は肌へは相当なストレスとなっているのです。こういった間違ったお手入れを続けると、肌荒れや黒ずみ、埋もれ毛など、様々な肌トラブルの原因となるのです。そこで、光脱毛でつるつるすべすべの肌をゲットする人が増えています。そこで登場したのが脱毛サロンです。光を使って、肌にダメージを与えることなく、ムダ毛処理ができるのです。


女性07
エステの光脱毛は、黒い色に反応する光を使った方法です。黒い色のみに反応するので効率よく毛根を処理できるのです。しかし、黒い色をしているのは毛根だけではありません。しみやほくろ、そしてタトゥーなどのある部分も、場合によっては照射ができないのです。
実は日焼けした肌にも照射ができません。日に焼けた肌はメラニン色素が大量発生しています。メラニン色素とは黒い色をしています。つまり、この状態で照射をしても、光が毛根ではなく黒いメラニン色素が大量発生している肌に反応する可能性が高く、その結果、やけどなどの肌トラブルのリスクが高まるからなのです。
夏にこんがり日に焼けてしまったという方は、その肌色が通常の色に戻ってから施術をすることになるのです。

Filed under: 未分類 — はな 2:08 PM

脱毛中は保湿を入念に

ムダ毛が気になるからと自分で処理をしたり脱毛サロンに通う人も多くいます。しかし、肌に負担をかける自己処理を誤った方法で続けることで肌トラブルを起こす可能性があります。色素沈着や黒ずみ、埋もれ毛などが起こってしまうと改善に時間がかかることがあり、場合によっては自分では改善できない場合があります。


女性06
サロンなど脱毛に通う場合も同じです。紫外線の強い時期は避けることで色素沈着のリスクを軽減することができます。サロンなどでは脱毛後に冷却を行ったり、ひんやりしたジェルなどでしっかりと保湿をしてくれます。レーザーなどで熱を持った皮膚を冷やし、ジェルなどで保護することで肌に潤いを与えてトラブルを軽減することができるのです。
脱毛中は自宅でも入念に保湿をすることが大切です。自己処理よりは肌に負担がかかりにくいとはいえ、サロンでの脱毛も多少肌にダメージを受けています。ジェルなどで保護をすることで乾燥したままの状態を防ぐことができ、肌トラブルを起こしにくくなります。
脱毛はムダ毛をなくせばいいというわけではありません。肌をしっかりと守ることでムダ毛のないきれいな肌を作ることができます。そのためには保湿がとても大切なのです。

Filed under: 未分類 — はな 2:07 PM

施術当日の飲酒や激しい運動は避けましょう

気軽に通えるイメージの脱毛サロンですが、施術するにあたってあらかじめ注意すべき点もいくつかあります。
前もってしっかりと予約していざ脱毛当日を迎えたのにもかかわらず、自分の不注意で施術を受けることができなかった、ということがないよう、前日までに当日避けるべきことを再度チェックしておきましょう。

施術当日気を付けることとして、当日は飲酒や激しい運動、サウナ等の体温上昇や発汗をうながす行為は避けてください。
これらの行為は血行を促進するため、脱毛の痛みの刺激を感じやすくなったり、脱毛後に赤み・かゆみなどの肌トラブルを起こす恐れがあります。


女性05

また、前日に多量に飲酒して二日酔いの状態でサロンに行ったとしても当然施術どころではなくなります。
ほんの一日なのでお酒は我慢しましょう。

さらに、意外と施術が終わってしまうと何も注意することはないだろうと思っている方が多いですが、施術後12時間は施術前同様、体温上昇や発汗を促すようなことはNGです。
最近の脱毛は痛みも少ないので普通に過ごしがちですが、案外お肌には刺激がかかっています。
自覚はなくても一日程度は肌がほてっている状態だと思ってください。

エステサロンは通いやすい立地条件にあることが多く、帰りに友達と飲みに行ったり、ジムでトレーニングなどを予定している人も多いかもしれませんが、お肌を守るためにも、一日ゆっくりと休むように心がけてください。

Filed under: 未分類 — はな 2:07 PM

脱毛に通う際の注意点について

多くの女性はおしゃれに興味があり、服装の工夫や化粧などを楽しむことで、より美しくあろうとします。さらには、夏は肌の露出も多くなりますし、海やプールでの遊びを楽しみたいと考える人も多いので、脱毛に通う人も増え続けています。自宅でのカミソリなどでの自己処理に関しては、毎日大変ですし、毛が太くてこくなってしまうことがあります。そして傷をつけることになったり、それを原因に肌荒れや色素沈着にもつながることがあります。そのためサロンなどに通うことになる場合が多いです。通う際には、いくつかの注意点があります。


女性04まずは価格や効果が正当であるということを知ったうえで通うことが大切です。口コミや知人などからの評判で、通いやすい距離などの条件を満たすところをいくつかに絞って、その中からカウンセリングに行くのです。さらには、カウンセリングの時の配慮や、料金設定や契約の内容などを鑑みて、納得のいくところとの契約を結ぶことが大切です。さらには、肌に合わないということも想定されますので、無料か安価で体験できるコースを一度受けてみてから検討できるところを探すというのも賢明な選択でもあり、美しさを追求するためには重要です。

Filed under: 未分類 — はな 2:06 PM

早期脱毛完了を望む人

最近は脱毛をする人が増えてきました。脱毛はエステサロンや脱毛サロン、美容外科や皮膚科などの医療機関で施術をすることが出来ます。エステサロンの脱毛も医療機関での脱毛も、脱毛の原理はほぼ同じです。しかし、使っている機械が違うため効果はかなり変わってきます。基本的にエステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛は光脱毛です。エステサロンや脱毛サロンでは日頃から脱毛キャンペーンをやっていることが多く、費用も安いのが特徴です。


女性03しかし、光脱毛の目的は減毛なので永久脱毛をすることが出来ません。また、使っている機械のレーザー光の威力は医療機関のレーザー光に比べると出力が弱いので、脱毛の効果が現れるまでに時間がかかります。早期脱毛完了を望む人には向いていません。早く完了させたいのなら、美容外科や皮膚科などで行われているレーザー脱毛が最適です。レーザー脱毛のレーザー光の出力は強いので、少ない回数でも脱毛の効果を得ることが出来ます。また、永久脱毛をすることが可能です。費用はエステサロンなどに比べると高くなってしまいます。しかし、その分早くに効果が出るので、エステサロンで何回も継続して脱毛するよりも安くなることもあります。

Filed under: 未分類 — はな 2:06 PM

敏感肌の人

脱毛サロンでの脱毛をしたいと考えている方が多いですが、一部の人には向いていない場合があるので、注意をする必要があります。
脱毛サロンでは、光を照射して脱毛を行いますが、光にアレルギーのある方は施術が受けられない場合があります。
脱毛サロンでは、パッチテストを受けることができますが、光を照射した時に赤くなったり、痒くなる場合はむだ毛の脱毛ができない場合があります。
敏感肌の方でも、光にアレルギーのない方はお肌に優しく、刺激の少ない方法で施術が受けられるので、施術を受けることが可能になっています。


女性02
お肌がデリケートな方は、脱毛サロンでの施術を諦めて、医師や看護師が在籍をしている美容皮膚科や美容外科を選んだほうが良いでしょう。
美容皮膚科や美容外科では、お肌に異常がでたら、すぐに対応をしてもらえるので安心することができます。
脱毛サロンでは、医師が在籍をしていないので、光アレルギーのある方は施術を受けるのが難しくなっています。
妊娠中や授乳中は、いつもより体や肌がデリケートになっているため、脱毛の施術を断わられることがほとんどです。
お肌が敏感な方は、お肌のバリア機能が低下しているので、しっかりと保湿をすることが大事です。

Filed under: 未分類 — はな 2:05 PM

授乳中の人

妊娠中は脱毛を休んでいたけれど、再開は授乳を終えていない状態でも良いのでしょうか?という質問も多くあります。

一応の目安としては、授乳の有無に関係なく、脱毛サロンでは生理が再開したらOKというところが多く、クリニックでは生理が再開する前でもOKというところが多いようです。
医療レーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光は、肌のかなり浅い部分にしか届きませんので、母乳には何ら影響はないと言えます。
しかし、それでも授乳している方は脱毛はできるだけ避けた方が無難です。


女性01

その理由は、ホルモンが関係しています。
妊娠中はホルモンバランスが通常に比べてかなり崩れますが、授乳期もホルモンバランスは完全には戻っていません。
ですから肌がとても敏感になっており、施術による肌トラブルの可能性が高くなりますし、人によっては痛みも強く感じます。

また、授乳中は妊娠中と同様、ホルモンの関係で体毛が濃くなるので、たとえ脱毛しても効果が出ない場合があります。

粉ミルク育児の場合、生理の再開が母乳育児の人より早い場合が多いですが、やはり産後すぐはホルモンバランスが不安定なことに変わりはありません。
施術を受ける前に必ず担当のスタッフに相談をするようにしてください。

Filed under: 未分類 — はな 2:04 PM

妊娠している人

脱毛を希望する方の中で良くある質問の一つに、「妊娠中も脱毛サロンに通っても大丈夫ですか?」というものがあります。

結論から言うと、妊娠している人は脱毛サロンでの脱毛をお勧めできません。

もちろん、現在の脱毛技術は発展していますし、光やレーザーを照射されたことによって胎児に影響があるわけではありません。


果物と女性
しかし、妊娠中は本人が思っている以上に身体が大きく変化しています。
今まで大丈夫だった化粧品が急に合わなくなるなどのお肌関係のトラブルも多いもの。
ですから、脱毛による皮膚トラブルのリスクが妊娠前よりも大きくなっていると言えます。

さらに、この時期は胎児を守るためにホルモンの関係で自然と体毛が濃くなる人が多いです。
脱毛しても効果があまり得られないと感じる可能性もあるので、できれば産後、ホルモンバランスが整ってからの方が良いでしょう(産後、濃くなった体毛は元に戻ります)。

また、妊娠中は体調の変化も激しいもの。
じっと同じ姿勢で施術を受けることが負担となり、途中で具合が悪くなってしまったりすることも考えられます。

妊娠中は自分にも赤ちゃんにも配慮したいもの。
大事を取って、少しの間サロン通いは我慢した方が無難と言えます。

Filed under: 未分類 — はな 2:03 PM

脱毛サロンで脱毛が向いていない人の特徴

脱毛サロンで脱毛を行うには、フラッシュ脱毛と呼ばれる方法を使用していきますが、これは黒に反応をする光を射出して毛を毛根から焼いていく方法となります。

ですので向いていない方もいらっしゃいます。この方法が向いていない方の特徴は、敏感肌やアトピーなどの方は肌への負担がかかるこの方法はあまり向かないタイプになります。

サロンで行うには光を当てて行いますので、火傷などの原因となることがあります。肌の弱い方には負担が強すぎることがありますので、注意してください。


飲み物と女性02

とはいえサロンは出力が弱く肌への配慮をしっかりと行っているお店も多くありますので、一概には駄目とは言えないのですが、医療脱毛に関しては、行わない方が良いでしょう。

医療機関で使われる機器は出力が高いものを使用しますので、通常の肌の方でも肌トラブルに見舞われる方がいらっしゃいます。

そのほかにも向かない人がいて、まず日焼けをしている方は向きません。光は黒に反応をしますので、日焼けをした肌には負担が大きくなり火傷の原因となってしまいます。

また意外と知られていませんが、紫外線に対してアレルギーのある方がいらっしゃいますので、その方も向かない方となります。

Filed under: 未分類 — はな 7:47 AM